大事なCDやゲームソフトが傷ついてしまいお悩みではありませんか?
当店にて各種研磨補修サービスを行っております。



 CD&DVDの構造について   お取引のながれ   研磨修復料金表   現在までの実績 

CD&DVD研磨依頼


当店の研磨実績


当店が通信販売サイトをオープンした同時期(1999年)に私(代表:大野 陽一郎)はリサイクル某チェーン店にて研磨作業に従事しておりました。

私はチェーン店で一日に数十枚、多い時で100枚以上の研磨作業をこなしまして2年間過ごしました。

チェーン店でしたので研磨機器の種類も豊富にあり、中古屋.com!店舗開店の際(2001年)に業務用CD研磨機器の選定&導入を行いました。

当店はオートメーションCD研磨機が普及する中で、あえて手作業を中心としたCDの研磨技術を用いています。
後にオートメーション研磨機が手作業研磨と同等の仕上がりになるのなら導入を検討していく所存です。

時が経ち、現在はデジタルメディアの普及も膨大になりました。
それに伴い、今までに培ったCD研磨補修技術を生かし、CD研磨職人として皆様のお役に立てればと当店サイト上にて研磨サービスを開始させて頂く運びとなりました。

具体的な店舗実績はこちらをご覧頂けましたら幸いです。


CD&DVDの構造について

こちらにCD&DVDの構造について記載させて頂きました。
ご一読頂けましたら幸いです。

研磨修復可能なメディア

・CD
・DVD
・シングルCD(8cm)
・ゲームキューブソフト(8cmDVD)

傷の深いメディアについて

傷の深いメディアについては修復が出来る可能性は高いですが、傷を全く無くす程の完全な修復はお約束出来ません。
研磨中に破損してしまった場合、当店は責任を負えませんのでご了承のうえでお申し込み下さい。

CD(8cmCD含)
非常に傷の深いメディア 傷が完全に取れない場合がございます。
あまりにも傷が深い場合、研磨中に発生する摩擦熱が傷口に集中してしまい、破損する場合がございます。
DVD&ゲームキューブソフト
傷の深いメディア 傷が完全に取れない場合がございます。
傷が深い場合、研磨中に発生する摩擦熱が傷口に集中してしまい、破損する場合がございます。
保護層がCDの半分である事とデータ密度の関係上、CDに比べ研磨修復率が下がります。


研磨修復不可能なもの

下記内容のものは修復が出来ません。

CD(8cmCD含)
レーベル面(タイトルの方)の傷 タイトルの書いてある部分のすぐ裏がデータ面となっております。
レーベル面に傷がある場合、そこにあった筈のデータごと剥がれている場合があります。
CDR及びCDRWなどの複製用メディア メディア自体が熱処理で記録されておりますので、研磨の摩擦熱でデータが破損してしまいます。
割れやヒビの入っているもの あくまでも保護層に付いている傷をリペア(補修)するサービスですのでヒビや割れなどの破損しているメディアは修復不可能です。
非常に傷の深いメディア 傷が完全に取れない場合がございます。
あまりにも傷が深い場合、研磨中に発生する摩擦熱が傷口に集中してしまい、破損する場合がございます。
DVD&ゲームキューブソフト
両面再生タイプ 当店の研磨修復作業は片面タイプしか対応してません。
DVDR(+-)及びDVDRAMなどの複製用メディア メディア自体が熱処理で記録されておりますので、研磨の摩擦熱でデータが破損してしまいます。
割れやヒビの入っているもの あくまでも保護層に付いている傷をリペア(補修)するサービスですのでヒビや割れなどの破損しているメディアは修復不可能です。
傷の深いメディア 傷が完全に取れない場合がございます。
傷が深い場合、研磨中に発生する摩擦熱が傷口に集中してしまい、破損する場合がございます。
保護層がCDの半分である事とデータ密度の関係上、CDに比べ研磨修復率が下がります。



戻る